派遣とは

バイト・アルバイト派遣という言葉を、ここ最近ではよく耳にするようになりました。では、派遣とはどういう形式なのでしょうか。派遣というのは、仕事を求める人が専門の派遣会社に登録することから始まります。この仕事というのは基本的に短期のもののことで、その短期の仕事を紹介してくれるのが派遣会社です。逆に、求人を出す側の企業は人手が必要な際に派遣会社に連絡し、登録している人を派遣してもらうわけです。とはいえ求人にすべての登録者を送る訳にもいきませんから、そこは会社の采配になります。登録している人の中から適した人材を派遣するのです。

派遣のデメリット

バイト・アルバイトまず挙げられるデメリットとして、給料が安いというものがあります。これは派遣という形式上、仕方のないことと言えます。直接企業と契約するのに比べ派遣会社を通す分、会社の利益というのも必要ですから、当然安くなってしまうわけです。次に、希望していない仕事を割り当てられることもあるというデメリットが挙げられます。一つの仕事に従事するわけではありませんから、日や期間によって毎日同じ仕事をしていれば良いわけではなくなります。この仕事だけ、というのはなかなか難しいのが派遣の特徴です。簡単に二つデメリットを述べましたが、派遣は知らない職場で知らない人と仕事をしますから、環境に適応できない人には不向きだというのが結論です。

派遣のメリット

では、派遣のなにが良いのでしょうか。派遣の仕事というのは、日払い週払いの給与制度が多いです。なのでお金が入用の時に助かる、というのもメリットでしょう。時間が固定されるわけではないので、好きな時や空いた時間、好きな日数働けるというのも魅力です。そして、最初に登録をするだけで色々な仕事ができます。様々な経験をしたいのであれば、これは大きなメリットですし、登録さえしていれば自分で仕事を探す必要もありません。その仕事ごとに履歴書を書く必要も、面接を受ける必要もないわけです。これらにメリットを感じるならば、挑戦してみるのも良いかもしれません。